口臭外来で教えてもらったの口臭の原因と対策について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 

口臭外来のカウンセリングに行った時に先生にうかがったお話や、口臭に関する一般的な知識をご紹介します。

 

口臭にお悩みの方で、いろんな歯磨き粉やサプリメントなどを試されている方がいらっしゃると思います。
しかし、実はどれも一時的な解決にはなりますが、根本的な口臭を解消する方法ではないため、サプリならサプリを使い続けなければなりません。

 

口臭に関する知識として、少しでも悩んでいる方のお役に立てば幸いです。

 

 

おすすめの口臭外来では無料の口臭カウンセリングを実施しています。
口臭が治らないのは、口臭について我々が知っている知識が間違っているからなんですね。もし口臭にお悩みの方は、是非無料期間中にカウンセリングを受けてみてください。

 

今なら無料カウンセリング実施中!
おすすめの口臭外来をくわしく見る

 

 

おすすめの口臭外来について、詳しくはこちらの記事でご紹介しています。

> バイオクリニック東京の費用や評判について

 

口臭の根本的な原因

まず、口臭の原因についてご紹介します。
口臭の種類には、生理的な口臭や、歯科領域や耳鼻科領域による疾患による口臭など種類がいくつかありますが、約8割は口の中に原因があると言われています。

参考:厚生労働省『口臭の原因・実態』

 

 

口臭は、歯と歯茎の間や舌の上の細かいひだの間に潜んでいる『嫌気性菌』と呼ばれる最近が発するガスが原因となって起こります。

そのガスは、硫化水素やメチルメルカプタンなどと呼ばれるものでこれが口臭の臭いのもとになっているものです。(火山噴火の時にでるような毒ガスの一種です)

 

また、嫌気性菌は酸素を嫌うため、酸素の届きにくい奥歯の方で繁殖が盛んになります。

 

口の中で唯一殺菌力を発揮するものは唾液だけ

口の中で唯一殺菌力を発揮するものは、唾液だけです。

 

なので、いくら歯磨きで嫌気性菌を洗い流しても隙間に菌が潜んでいるため、唾液が少なければまた口臭を発してしまいます。

 

もちろん、綺麗に丁寧に歯磨きをすることは大切ですが、唾液が少ないままでは口臭の根本的な解決になっていないということをご理解ください。

 

参考記事:唾液を増やす方法

 

口臭外来で聞いた様々な口臭の原因について

代表的な口臭の原因についてご紹介します。
きっと当てはまるものがあると思いますので、是非目を通してみてください。

 

奥歯からの血のような臭い

 

奥歯は鏡でも見づらい場所にあるし、歯ブラシは届きにくいし、ちゃんと磨けたかどうかの判断が難しいところです。
親知らずも生えてくるし、虫歯になりやすい場所なのは間違いありません。

 

そもそも歯磨きで落とせる汚れは25%程度という説もあるほど、磨き残しは多いのです。(諸説あり)
口の中の健康状態にもよりますが、歯周ポケットは1〜2mm、深くて5mm程という場合もあるようです。極細毛の歯ブラシを使っていても届きにくいのです。
そして、臭いの元は歯周ポケットの奥からきているので、やはり完璧に磨くことは難しいようです。

 

その磨き残しを栄養にして嫌気性菌が繁殖し、嫌な臭いを発してしまうのです。
放っておくと、磨き残しが歯石に変わったり、そこから歯周病や虫歯へ発展したりする可能性もあります。

 

口臭外来に聞いた奥歯の臭いの対処法

また、歯茎が腫れていたり、血が出やすくなっているのは歯茎が炎症を起こしているからです。(うみ)や悪い菌が溜まっているので、血が出る場合は悪い血を出し切ってしまいましょう。

 

そして、歯茎を優しくマッサージすることで新鮮な血を送り込んであげましょう。歯茎に傷をつけないよう、優しくマッサージするイメージです。
そうすれば次第に健康な歯茎に生まれ変わっていきます。

 

喉や鼻の奥な臭いは膿栓(臭い玉)

 

歯磨きはちゃんとしていて虫歯はないはずなのに、こんなふうに感じることありませんか?

  • 喉や鼻の奥にいやな臭いを感じることがある
  • ツバを飲み込むと鼻からいやな臭いが抜ける感覚がある

これはもしかすると膿栓かもしれません。
臭い玉とも呼ばれています。

 

喉の奥にある扁桃腺(へんとうせん)には、そもそもウイルスや細菌を駆除し体内の侵入を防ぐという役割があります。

その扁桃腺に食べカスや粘液などが溜まって固まったものを膿栓と言います。

 

細菌から身を守るために、粘液や白血球などが扁桃腺から分泌されたものが膿栓となります。その細菌などの死骸を含むため、膿栓はいやな臭いの原因です。

 

 

膿栓は誰にでもできるものなのです。冬は空気が乾燥しやすく、菌の繁殖も増えます。さらに口呼吸やドライマウスの方は膿栓ができやすいと言われています。

 

また、蓄膿症(ちくのうしょう)の方も膿栓ができやすいようです。
蓄膿症によってできる膿が扁桃腺の方へ流れ付着すると、その中に含まれる菌が膿栓の原因になりやすいからです。

 

口臭外来で聞いた膿栓(臭い玉)の対処法

膿栓は綿棒などを使って自分で取り除くこともできますが、扁桃腺を傷つけてしまう恐れがあるためおすすめできません。

また、一度取れてもまたできてしまうため根本的な解決にはなりません。

 

なので、一番効果的なのは膿栓ができる原因となる食べカスをなくすことです。
うがいをすることが膿栓の根本的な解決につながります。

また、うがいは口の中を清潔に保つこともできますが、それだけでなく喉の細菌を洗い流すこともできるので効果的です。

 

鼻うがいも効果的です。
専用の薬品を使えば痛みもありませんし、単純に風邪の予防にもなるのでおすすめです。

 

朝起きた時の口臭

 

朝起きた時が一番口臭が強いと言われています。

 

臭いの原因は『嫌気性菌』なのですが、寝ている間は唾液の分泌量が著しく減ります。そのため唾液による最近の殺菌効果も少なくなり、菌が食べかすやたんぱく質を分解し、その時にガスが発生します。

 

胃から口臭は発しない

ちなみに、朝起きた時の口臭は胃から出る臭いではありません。

 

胃の入り口には噴門(ふんもん)というフタのようなものがあります。
食事をしていていると反射的に開くのですが、普段は閉じているため、寝起きの口臭は胃からではなく、それ以外のところに原因があるのです。

 

口臭外来で聞いた寝起きの口臭対策

朝食をちゃんと取ることで、唾液の分泌を促し臭いを低減できます。
また、朝食を食べることで生活習慣が整うため免疫力が高くなります。これは唾液の分泌を多くする非常に大切な要因になります。

 

嫌気性菌が繁殖する原因となる食べカスやタンパク質を洗い流すためにも、寝る前の歯磨きもしっかり行いましょう。

 

重曹を溶かした水でうがいすると、口の中を弱アルカリ性にしてくれます。
嫌気性菌は酸性の環境で繁殖しやすいためおすすめです。

 

舌の臭いは舌苔

 

丁寧に歯磨きをしたのに、まだ息が臭う…という場合は、もしかしたら舌に臭いが残っている可能性も考えられます。

 

鏡で舌を見てみると、少し白っぽくなっていることありませんか?

これは舌苔(ぜったい)と言われていて、次のようなタンパク質が主成分の汚れです。

  • 細菌の死骸
  • 粘膜の古い細胞や白血球

このようなタンパク質を『嫌気性菌』が分解することで生じるガスが臭いのもとになっているのです。先ほどから共通していますが、これも唾液の量が少ないことによって起こる現象です。

 

口臭外来で聞いた舌苔の対策

歯ブラシで磨いたら舌の臭いが取れます。

これは簡単で効果はあるのですが、舌苔を除去するために歯ブラシで舌をこするのはおすすめはできません。
理由は、歯ブラシで舌をこすると舌の上の細かいひだ(糸状乳頭)を傷つけてしまうからです。

 

また、舌苔は減らすことはできても、また出てきてしまいます。
というのは、臭いの元となる細菌は舌だけでなく歯と歯の間や歯茎のすき間に存在しているからです。

 

水分摂取量を増やしたり、生活習慣を整えて免疫力を上げることで、唾液の分泌量を増やすことができます。

 

口臭外来で聞いた様々な口臭対策について

口臭対策やグッズなどについてもご紹介していきます。

 

口臭・体臭サプリメント

 

体臭を軽減するサプリメントが世の中にはたくさん販売されています。
私も使用したことがありますが、口臭についてはほとんど効果を感じることができず、使用をやめてしまいました。

 

やはり、口臭のほとんどは原因は口の中にあると言われている通り、体の中から臭いを消すサプリメントでは効果を感じられないのも納得でした。

 

歯磨きは一時的なスッキリ感

 

歯磨き粉を変えても、歯磨きの回数を増やしても口臭ってなかなか消えません。

 

もちろん歯磨きは毎日しなくてはいけませんが、歯磨きの効果はあくまで一時的なものなので、根本的な口臭の原因を解決するものではないからです。
歯磨きをしても、またしばらくしたら口の中からイヤな臭いを感じが出てしまいます。

 

 

まず、歯磨きでは口の中の汚れを完全に落とすことはできません。

特に歯と歯の間や、歯と歯茎の間に食べカスが残りやすく、繰り返しになりますが歯磨きで落とせる汚れはわずか25%ほどと言われているほどです。

 

嫌気性菌を増やさないために歯磨きを丁寧にすることはとても大切なことではありますが、やはり根本的に口臭を解決しようと思ったら、唾液の量を増やすしかありません。

 

デンタルフロスは定期的に

 

歯磨きで磨き残しが多いとご紹介しましたが、デンタルフロスは歯と歯の間の汚れを直接取れるので、かなり効果的です。

 

実際多くの歯医者さんも、歯磨きだけでは歯と歯の間の汚れが取れないことを知っているので、デンタルフロスを使用されている方が多いのだそうです。

 

奥歯の方は少々やりづらいですが、デンタルフロスを使ってみると確かに口の嫌な臭いが和らぎ、効果を実感できます。

デンタルフロスでの定期的なお手入れはとてもおすすめです。

 

マウスウォッシュも一時的なスッキリ感のみ

 

残念ながら、マウスウォッシュでも口臭は改善しません。
なぜなら、マウスウォッシュの効果はあくまで一時的なものだからです。

 

いくらマウスウォッシュでその細菌を洗い流しても、奥の奥に潜んでいる嫌気性菌が再び発生し臭いを発してしまいます。

 

口臭を根本的に改善するには

かなり長くなってしまいましたが、ここまで読んでいただけた方ならおわかりいただけたと思います。

 

大切なのはその菌を一時的に減らすことではなく、常に増やさないようにすることです。
臭いの原因となる嫌気性菌を、常に少ない状態にとどめておくことができれば、口臭を抑えられるということです。

 

実は唾液にはすごい殺菌力があるのです。

 

唾液は臭いと思われている方も多いと思いますが、本来は唾液自体には臭いはないのです。しかし唾液の量が少ないと、細菌を十分殺菌できず臭いの元が唾液に溶け込んでしまうんです。

 

 

なので、口臭専門で治療をされているクリニックであれば、唾液を増やす治療と生活改善を指導してくれます。
その方法が口臭を解決する一番の近道となります。

 

こちらの記事でおすすめのクリニックをご紹介していますので、気になった方は是非ご覧ください。

 

東京のおすすめ口臭外来バイオクリニック東京の費用と評判(口コミ)

 

 

少しでも早く口臭を無くして、快適で自身に溢れた人生を取り戻しましょう!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*