ビゾンテ

素材国産牛(ステアハイド)
仕上げセミアニリン
厚み2mm
サイズ220dc
鞣しコンビ

ベーシックレザー

しっかりとしたコシのあるベーシックな革です。
キップ(生後半年〜2年)の牛の皮であればもっと肌目が細かくなりますし、ステア(生後2年以上)の牛の皮でも細かい毛穴感のあるプレスをかけてもっと滑らかな表面にすることはできます。
しかしあえてそれをせず、「革らしさ」を表に出すために和牛を使い、天然の地シボ感を残した仕上げにしています。「地味で無骨」なこの革は、革製品になったときのハリのある表情故、「革らしさ」を味わえる、そんな革でもあります。


持続するハリと弾力

ヌメ革のような素仕上げの革は一般的にシミや汚れには弱いのですが、この革は革らしい表情を残しながらもトップコートをかけて仕上げているのでシミや汚れへの耐性は高く、革製品にも使いやすい革です。ゆっくりと水分や油分を吸い込む仕上げにしてあるので、長い時間をかけて革が育ち、しっとりと味わい深いエイジングが楽しめるのも特徴です。(愛着を交えてエモ系で書きたい)
また、長く使ってもハリと弾力を保つことができるので、クタッとさせたくない革製品には相性が良い素材です。


ベーシックである所以

オイルドレザーほどわかりやすく表面からオイル感を感じられる革ではありませんが、しっかりと油分を含んだ革です。油分を含んでいることによって、スリキズも元に戻りやすいという特徴があります。

色展開もベーシックなものを揃えました。
派手な色はありませんがいずれも革製品の「革らしい」魅力を引き立てるベーシックな色味です。

Creator's Profile

Yumoto Haruka

クリエイター説明クリエイター説明クリエイター説明クリエイター説明クリエイター説明クリエイター説明クリエイター説明クリエイター説明クリエイター説明クリエイター説明クリエイター説明クリエイター説明

@SNS @SNS
Yumoto Harukaの詳細はこちら

Review
レビュー