Yumoto Haruka

【クリエイターとして世に発信したいこと】

クリエイターとして誰に何を、どんな価値を提供したいのか

・誰に
→20代から30代の方

・何を
→人の手を介してガラッと表情を変えたバリエーション豊かな革、美しい色、デザインの革

・どんな価値
→①布、織物のように色、柄、バリエーションが豊かでそれぞれ個性があること
②生地のように扱い安く(家庭用ミシンで縫えるなど)、丈夫で長く使えること
③素材をきちんと見極めて行われる加工技術の素晴らしさ
④日本で加工している安心感、信頼感
⑤手が出しやすい価格帯(→カット販売)

※家庭用ミシンで縫えると革に対する敷居が低くなって良いかなと思ったのですが、これは要検証なので仮です、、!

「価値」の部分捉え方まちがっていたらご指摘ください、、!