ソフラン

素材和牛
仕上げアニリン
厚み2mm
サイズ300dc
鞣しクロム鞣し

控えめだけど確かな革らしさ

この革の魅力は触ったり握ったりしたときのタッチ感につきます。
漉き加工をしなければ2mmの厚さがありますが、十分な厚みがあっても柔らかさのある革で、肌に馴染み、柔らかく包み込む優しい雰囲気を醸し出します。
また表面も染料だけで仕上げた革なので、ナチュラルな表面も魅力です。


<柔らかさの項目増やす>

仕上げの後に繊維をほぐす工程を加えるので、革の芯まで柔らかくふっくらとしています。しかしわずかにコシがあり、柔らかさの中に革の弾力を感じられる革でもあります。
ポーチや巾着などと非常に相性が良い革です。


<くしゅっとした様子の写真>

柔らかなシボと革の風合い

触り心地だけでなく、表面の細かなシボの表情も特徴です。
一見平坦な表面に見えますが、かすかに見える細かいシボが革の柔らかさを印象付けています。

革は取り都合をよくするため(革本来の模様を隠すため)にカラーコーティングをしたり毛穴風の型押しを施す場合があるのですが、この革にはそういった仕上げはせず、下地の個性や特徴を生かした染料のみのナチュラルな仕上げです。
その自然な仕上げによって、ソフトレザーにしか出せないタッチ感と見た目の柔らかさを最大限に表現しています。


経年変化の余白

ナチュラルな仕上げ、つまり表面のコーティングが少ないため、水や油を吸い込みやすい革でもあります。それによって革の色が濃くなることがあります。
シミや汚れがつきやすいデリケートな革ですが、革製品や使い方によって経年変化の余白がたっぷりと残された革でもあります。

<色移りしますか?シミや汚れを止めるコートはオーダーで、みたいな流れにしたい>

Creator's Profile

斗谷 諒

クリエイター説明クリエイター説明クリエイター説明クリエイター説明クリエイター説明クリエイター説明クリエイター説明クリエイター説明クリエイター説明クリエイター説明クリエイター説明クリエイター説明

@SNS @SNS
斗谷 諒の詳細はこちら

Review
レビュー